政策

 「地方議会を脇役から主役へ」

明治維新、日本は列強と伍していくために、日本中の力を一つにまとめ、強固な中央集権体制を確立する必要がありました。乏しいヒトやカネを、一か所に集めて活用するために、政府はすべてのものを東京に集中させたのです。

そして、中央が地方を完全にコントロールする体制の中、日本は近代国家に変貌していきました。また、敗戦直後の日本は、経済復興にわずかな資源を効果的に活用していかなければならず、それには中央集権的なシステムのほうが優れていたのです。
政府が基幹産業や企業を育て、貿易の振興をはかり、生産物を海外に積極的に輸出。それによって得られた富を、政府が国民や各地方に分配する税財政システムをつくり、個人の所得や各地方の社会資本が平均化する社会を築いてきました。その結果、日本は経済大国に成長すると同時に貧富の差の小さな「平等社会」となったのです。
しかし、国民の価値観が「豊かさ」という一元的なものから、「個性」や「らしさ」という多様化の時代になってくると、一元的な統治システムは、次の社会的発展の弊害となってきました。

地方議会の本来の役割を検討すべき時代…

地方議会の強みは、民意を鏡のように反映できる点にあります。
現場から鋭く問題を提起、政策論争をし、政策や条例を提案する提案者として…今こそ、地方議会を根本から改革し、脇役から主役に変えるときです。

その1 【元気にする】

広島市の人口は、平成32年から減少に転じる事が予想されています。
「働く場のあるまち、女性が働きやすいまち、魅力あるまち」で、定住人口の増大を図り、経済を成長させます。
■「子育て世代の共働き夫婦」にやさしいまちを推進
■産業の振興、企業誘致
■陸の玄関にふさわしい広島駅周辺地区の整備推進
◆広島駅南口B・Cブロックの整備促進
◆新幹線口広場における交通結節点機能の充実・強化
◆二葉の里地区高度医療施設の国際戦略特区としての取り組み、東警察署の整備など
■都市交通網の強化
◆広島・中島線拡幅整備(安佐北区境~鶴江橋)
(福田 東橋~下温品交差点 平成29年度完成予定)
(下温品交差点~鶴江橋 県・市連携による道路拡幅、河川改修)
◆中山踏み切り立体交差
◆広島高速5号線(温品 間所~新幹線口)

その2 【育てる】

広島では野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール等で多くの優秀な選手が活躍しています。
次世代を担う若者が活動的になる環境を整備し、スポーツによる活性化を図ります。
■待機児童ゼロの達成
■学校校庭を芝生化し、活動的な子どもを育成
■全国規模のスポーツ大会誘致を推進
■優秀な指導者を招へいし、2020年開催の東京オリンピック出場を視野に入れた、選手養成を推進

その3 【防ぐ】

いつ襲ってくるか予知が困難とされる南海トラフ巨大地震や安芸灘~伊予灘~豊後水道の地震。
広島市の被害は死者約4000人、被害額3兆円と予想されています。
どこにいても避難できる、身近な避難場所の整備を促進します。
■集会所、公民館等の公共施設や大規模民間施設の耐震化を促進し、災害時避難場所として活用

その4 【楽しむ】

高齢者が安心して暮らせ、元気ハツラツとした社会を。
遊んで、食べて、ゆっくりとお風呂に入れ、平日、休日を問わず一年中楽しめる賑わいの場の創出に取り組みます。
■県・市連携による「広島県緑化センターと広島市森林公園」の利活用